答えはひとつじゃない

久々に電車に揺られながらブログ書き

皆さんは、何かの問題に直面したときに、解決のために答えをだそうとする、もしくは与えられた答えを実行しようと思いますよね

ルールや固定観念、常識などに照らし合わせて試行錯誤します。多分に漏れず、俺ももちろんその思考でしたが、最近ラテラルシンキングというのを知りました。

要するに、一つの考え方で深く結果に向かって考え続けるのではなく、答えはたくさんあると思って考えるということです。

水平思考とも言われますね。前提をなくして発想を広げる。あるいは既存のものを組み合わせて新しいものを作る。

ロジカルシンキングという言葉の対極の考え方ですね。対局なので補完関係です。どちらも必要。

自分自身も、なにかとこうあるべきという考えに取り憑かれて、苦しい思いをしました。だけど、ラテラルシンキングもやってたんですよね。その代表的なのがリミッツの競技内容です。

もちろん未完成ではありますが、この競技に参加するアーティストのアプローチがまさにラテラルシンキングです。

リミッツのルールは、制限時間20分で、レッドコーナーとブルーコーナーのそれぞれのアーティストとが、直前でルーレットで決定する具体的ワードと抽象的ワードを組み合わせた制作テーマをアートで表現して、視聴者の投票で勝敗が決定します。

テーマにあげられたものを描くのではなく、そこから発想し描くので、作品には制作過程の中にストーリーが誕生します。

視聴者は制限時間内にどちらかにのみ投票をしなければなりませんが、一度投票したコーナーを変更することが可能です。

なので参加者はただの表現では票を獲得できません。あの手この手で目線を奪い合い、伏線を貼り、なんの変哲もない制作テーマを壮大なストーリーに仕上げていきます。

まさに普段の熟考を重ねてじっくりと描くアート作品とは違い、ひらめきとストーリーで制作します。

その過程こそが作品という新しいスタイルのアート

…だと思っています。笑

もちろん、ロジカルなものがダメな事は一切ないし、絶対必要。ただ、もっと自由でいいじゃないというのがこのアートの面白いところです。

皆さん、名前だけ知ってるかたも多いかと思いますが、ぜひ一度ご覧ください。

リミッツオフィシャルウェブサイト

ラテラルシンキングということを知らずに、結果的に産まれたリミッツですが、こういった「答えが沢山ある」という価値観が今の世の中すごく大切ですよね。

クリエイティブ的にいうと

ラテラルシンキングは、訓練でその能力は鍛えられます。これはなぜなのか?他に例えてみる。など、思考の順番を変えてみることで、今苦しんでいる問題にも新しい気付きがあるかも知れません。

毎日がクリエイティブで溢れてあなたの生活が豊かになりますように。

承認欲求の奴隷になるな

いきなり強い言葉ですが、アドラー心理学の言葉ですよ。

これね、アドラーが書いたわけではないけど。

自分自身、自分を見つめ直さなきゃいけないと思い込んで塞ぎ込んでいた時期に、すごく助けられた本。

そもそも

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。

Wikipediaより

と、クリエイティブな業務に類する職業につく方ならもちろん、日常生活を送る上でも、人間として当然持つ感覚です。

他人に認められたい。認めるというか、存在していい理由を他者に求める。

他人がどう思っても、あなた自身の価値なんか変わらないですよね。
でも、不安だと思う気持ちはもちろん理解できる。

難しい話はさておき、承認欲求に囚われず、楽に生きていきたいと。そのためにはどうすればいいのかっちゅう話ですよ。

逆から言えば、自分のこと大好き!って状態になればいいんですよね。

特に日本人は、自己肯定感が世界でも著しく低いようです。

そして自己肯定感の難しいところは、高めうようとすればするほど低く(自分のことが嫌いに)なります

かくいう私も、相手に正論でバンバン言っちゃう悪いところがあります。これも自己肯定感の低い人の特徴です。(猛省してます)

理由は、他人に依存しすぎるんですね。他人に認められたい、自分を否定されたくない。そんな気持ちからそういう行動が出てきてします。

さて、本題です。

昨日の筋トレのところでも書いたけど、じゃあどうやって、自己肯定感を高めるか!

俺の場合はね、目標があって、その体重を維持することが自己満足につながるんですよ。
着たい服がある。あのサイズのデニム履いてる俺好き!!!みたいなね!
端的に筋トレ=自己肯定感上がるって話をしてるんじゃなくってね。

結局、頑張っちゃってるじゃねぇか、10分でもしんどいし、痩せなかったら怖い!モテない!若くいたい!って、分かります。でもそれ全部、他人が評価基準になってませんか?

他人がどう思おうが、あなたがどう思うかが大事なんですよという話でして。
もちろん、人を喜ばせるのが好きなら、それでいいんですよ!自己満足につながるし!

(実際自分も最初ここの住み分けが難しかった。)

やりたければやればいいし、やりたくないならやらなきゃいい。人に迷惑もかけないんだから。あなたの価値は変わらない。(逆にそれで上がると思っていることが間違い)

偉そうに書く自分も、元々が自己肯定感が高くないので、ある程度で満足するようにしています。というか、そうじゃないと辛い!笑

クリエイティブ的な解釈

ただね、クリエイティブに何かを作るとき、妥協は一切しなくていいです。これは承認欲求とは別。本当にいいものを作りたいという気持ちに満足なんてあるわけないんだから。

とことんまで詰めればいい。他の余計な満足なんてほっておいて、とにかくやりたいことや楽しいこと、自己満足できることに没頭すべきです。

自己満足で飯が食えるようになればいいんです。

他人に「お前は大人になったな」なんて言われて、あなたの価値なんか変わらないですよ。それはあくまで他人の評価であって、自分の満足、他人の評価のファイリングをうまくできるように、まずは、自分が満足したいこと、そうでないことを分ける必要があると思います。

そんなもんお前の自己満やんけ!自己満上等!自己満足して最高にハッピーに生きれるんだったら最高じゃないか!って話です。

でも人に迷惑はかけちゃダメよ。
SNSとかで、裏で「あいつジコチュー、とか、じまんばっかり」とか言われてても、そんなのはほっときゃいいんです。またその人に好かれたいなら、その人を大事にしたらいいんですよ。その人に気に入られることで果たせる目的があるならそうすればいい。

自分の心の声に従って。人がなんと言おうと無視すればいいんです。

お前がお前の価値を下げるな!って話です。

ダイエット

緊急事態宣言から早1ヶ月、リモートワークになってからというものの、食事制限に精を出している。

いつ何時、どんな物を食べるといいのか。

もちろん食べたいものは基本食べる。お酒も飲む。

この1ヶ月で、体重にして5キロの減量に成功。
とはいえ、その前が明らかに食い過ぎなので、元に戻ったというべきか。

基本、体重増加=太るは、絶対に食い過ぎなので、それがストレスなのか体質なのかはあまり関係ないと思う。絶対に食い過ぎなのだ。

で、まぁ、買った。

そう。縄跳びである。

結論から言うと、食べないで減る体重には限界がある。
知ってるよってちょっと待ってね。食ってないとイライラすんだよ。特にこのご時世は。

そこで、意外と知らない、ダイエット初心者にアドバイス。

汗かいたら痩せると思ってるでしょ、頑張ったら痩せると思うでしょ、努力は裏切らない!20代のときはそれで太らへんかったもん!って思ってるでしょ。

痩せるには、心拍数を上げろ!(150〜160くらい)

ということで、食い過ぎはもちろんだけど、みんな病気になりたくないよね。痩せるだけじゃなく、健康でいたいよね。イライラしたくないよね。

縄跳び、5分やったことある?死ぬで。(昭和生まれには)

痩せるための大原則、「心拍数上げて腹筋ローラー」

これなら10分で全部終わる。

もちろん、走ってもいいよ〜。近所の公園、ソーシャルディスタンス(海外なら6m強)取りながら、マスクつけて走ることができるなら。

ほらよ

もちろん膝つけてやっても大丈夫。

走るのもそうやけど、急に頑張ったら体壊すので注意!

クリエイティブのために言うと

なぜ痩せるのか、それは「自己肯定力を上げるため」それがね、クリエイティブにも絶対プラスに作用するんですよ。俺のアートはまだまだ”いいね”2つだぜ!(一人はおかん)って時でも、10分で自己肯定感上がるから。自己肯定感に関してはまた改めて!!!

まだまだ割れない腹筋を触りながら。

それでは、良いご自宅生活を!

東西往復中

行きか帰りか分からない新幹線の中でこれを書く。

車両には10人も乗ってない。

いきなりだが、納得がいかない奴は多い。だいたいそういう奴が口を開けば、お金を払えば人は言うことを聞いて当たり前。良いことは全部自分の手柄。悪いことは全部他人のせい。

当然大きな間違いである。そしてスーパーヤバイ。

そんな当たり前のことも分からなくなったら人に指摘されていることにも気付かなくなって、やがて人がどんどん離れていなくなる。

どれだけ警鐘を鳴らそうと聞く気がないから聞こえない。うーん、認めないと言うべきか。

理性と感情をうまくファイリングしないと、気付くべきことに気付かなくなる。そして決断が出来なくなる。そして詰む。そういう人って多いんじゃないだろうか。

最近人格はもはや自分のものでなく、マジンガーZのように乗りこなさないといけない「性能」みたいなもんじゃないのかと思ってきた。

とにかく嫌なことだろうが楽しいことだろうが同じことをしないといけないなら、ポジティブな感情を以て挑もうと思う。どうせやらなあかんねん。それなら楽しい方がいい。

世界が暗い。とてつもなく暗い。負の感情は漠然とした不安や恐怖から湧いてくるんじゃないだろうか。であるとするなら、強く強く自分を持って、せめて自分の近い人だけでも良いから、気持ちを話して前を向く。大したことじゃなくて良いから、うまく前向きに乗りこなすのが、結果的に大きな力になるのではないかと思います。

伝わらんのだ、なかなか。ニントモカントモ。

共同体感覚

鍵概念、「共同体感覚」

まず課題を分離し、人間関係の問題を解決する出発点とする。

「私とあなたは別の生き物だし、(枠組みの中では)仲良くしようね!」

自己執着を他人への関心に切り替え、承認欲求を捨てよう。居場所を見出そう!
だって仲間の中では居心地良きですやん!

他人=社会なのだ!
諦めろ!執着すな!捨てろ!さすれば与えられる。

自分大好き!!!他人も大好き!!!

2020年早過ぎ!!!!
年始に立てた目標を一番忘れがちな2月!

俺の2020の目標は「やらないことはやらない」

心を鍛えて選択と行動を

やりたいことをやる上での鉄則

こうでなければならない。今までこれできたから変えられない

自分には才能がない

行動を変えようとすると、勇気云々の前に脳が拒否します

人の脳には損失回避するように予めインプットされてます

それに伴って失うもの、得るもの

失うものの倍くらい得るものがないと動かないあなたは立派な現代人が持つ最大の病、「ねばならない病」でしょう

ふふふ

私は動き出しましたよ

得るものばかりです

何を迷ってたのだ!俺のバカ!!!