次の10年

今の自分は、イベントをやっていると、自分の机上の空論だったことの発想や、苦手だったこと(人に説明するなどめっちゃ初歩的なこと)ができるようになって、経験値上がるので、いいですね。
 
10年前とは比べ物にならないくらい、考えやできることが変わりました。

“次の10年”の続きを読む

CRECON Vol.004se

先ほど準備が完了し、あとは当日の映像機材セッティングや商品だし、皆様の心をワクワクさせる会場装飾のみとなりました。

普段から、関わりのあり皆様にお世話になって実現しているイベントの数々ですが、今年はもっと大きなことになりそうです。
その口火が3/21に切られると思います。

思えば、すべてはこのCRECONから始まりました。
ライブペイントをデジタルで行い、ショーアップする。その先にDLP-Battle、LIMITSがありました。

大阪から世界に羽ばたくアーティストを輩出したい。
その思いは、FACTOもCRECONもLIMITSも同じです。

CRECONは小さなイベントで予算もなく、だけどすごくポテンシャルのあるイベントです。
機会創出。クリエーター同士の出会い。お客さんとの出会い。そういうコンセプトの元運営されています。
今回は、出展者が若い傾向にあります。しかも昔から出たかったなどとのコメントが添えられていることも多いです。

これは、たった4回目のイベントとして、なかなかいい傾向だと思っています。ブース代が安いなどあるにせよ、アーティストが人前に出て、ファンに対峙することには大きな勇気とパワーがいります。

LIMITSの準備に追われている頃、CRECONはやらないんですか?と何人かの人に言われました。マンパワーに限界のある環境で、非常に心苦しかったですが、やっと10か月ぶりの開催です。

お待ち頂いた皆さん。ありがとうございます。
先ほど、多くの方にイベントの招待連絡をさせていただきました。大阪などで行けない!などの方も、「興味あり」のボタンを押して頂ければ、当日の情報をご覧いただけるようにいたします!どうぞ、参加なくとも「興味あり」をクリックです!

先の話に戻りますが、大阪でアートのイベントが少なく、多くのアーティストはその場を大阪以外の土地や、アートイベント以外の場所へ移しています。
それも今年いっぱいで変革へと舵を切りたいと思います。来年の展開にご期待ください!どういうことかと気になれば、CRECONの会場や、その後のどこかで僕に会ったときに聞いてください。内緒で教えるかもです♪

今まで力をお貸しいただけた方々には、もっと大きなムーブメントを起こすことで、恩返しになるかはわかりませんが、関わって頂いたことで、こんなに大きくなったとお伝えできるようにしたいです。
その他、アートには関係ないけど、僕のやっていることに興味あるという方、是非とも力を貸してください。大阪の方々ならもちろん言わずもがなですが、関西エリア以外の方々でも、きっとお力になっていただけることが多いです。

一体自分がここ数年、がむしゃらにやってきたことが何だったのか、少し明確になってきたような気がします。
日々の生活に、少しでも刺激が欲しい方、一緒に遊びましょう!

よろしくお願い申し上げます。

David Bowie is

デビッドボウイが死んだ。

ということで、今日は急遽上映が行われた、世界を巡回中の『David Bowie is』という回顧展のドキュメンタリー映画に行ってきた。

感想は、彼の偉大なる功績を讃えたものであり、全く目新しい情報もなく、山本寛斎のスピーチだけが見所というなんとも頼りないものであった。

もちろん 彼の衣装や、若かりし頃の貴重な資料など、それはそれはレアなんだろうけど、彼の光の当たり側面のみがフィーチャーされ、正直 回顧展が少し期待できなくなるほどの内容だった。

まぁ、回顧展の主催主の自慢話を聞いているような感覚。

まぁ、行くんだろうけどさ。来年。

どちらかといえば、俺は彼の内面というか、異常なまでの作品に対する執着と情熱、ドラッグにはまり苦しんだ時代や、心臓発作の後の心境の変化、また友人の死に直面した感想などを聞きたかったけど、まるで聖人君子の神話を聞かされているような内容でした。

俺の中では葬式に行ったようなもの。

彼のおかげで、いろいろな人やものに出会い、そして今もこうやってものづくりに勤しんでいる。

彼のおかげで、俺は自分の内面を見つめることができ、人に自分の気持ちをあまり話さなくなった。

彼のおかげで、戦う覚悟がついた。

そういう意味では、観覧中の自分の心境を鑑み、いい葬式だったと言える。

Kindle paper white

  束の間の読書の時間も最近はとれないけど、長時間の移動には役立ちます。

また来月から移動が多そうなので。

今年は本と映画をたくさん見ようと思います。
現在、0冊、0本

オフィス系アプリ

スクリーンショット 2016-01-04 21.01.57

某脚本をどうしても昔習った映画とかの台本に準じて書きたく、Wordを勉強。正確にはAppleのPagesだけど。
タブとインデントを完璧に理解した。

ずっと拒否していたオフィス系のアプリケーション。

そろそろ、徐々に実用できるようになってきた。

苦手は克服すると、作業にも気合が入りますなー。
そして、苦手克服は、意外とウェブや本で調べ物せず、なんやかんやとトライ&エラーで克服することが多い。

いやぁ、それにしても、Word、Excelはすごくよくできたアプリケーションだ!

操作性と効率で、Microsoftは使わず、PagesとGoogle Docsのみだが、これは早いところ一本化した方がいいかも。

というわけで、クラウド化の道をどんどんたどるのである。

ムーンショット

「時計で毎日充電って誰が使うねん!」「拡張性のないPCだなんて」っていうのが、数年後「こんなにでかい電話誰が持つねん!」「パソコンは見た目ちゃう!性能や!」ってのと同様のフラグになるんでしょうね。

価値は覆るものなのに、既成概念でものを見るってのが至極勿体無い気が・・・・。

「どうせ人に言ってもわからんやろし、俺は自分を信じる」という気持ちで新しいことに黙々と取り組む姿勢は、いろいろと障害は多いけどすごく勇気と根気のいることです。
失敗は怖いけど、人がやっていることはやりたくない。でもいつの間にか人がやっていることと同じになる。それはまだ自分が弱いからやと思って精進します。
歯を食いしばって、本当は遊びたくとも精進します。笑

でもそれより、内部設計が美しすぎるMacbookが気になって仕方ないです。

CRECONもそうやって(?)イベントに取り組んでいますので、皆様どうかよろしくお願いします。
パフォーマンスばかり気にする政治とは違います。ガチで賞金30マンです。出来レース性も排除に真剣に取り組んでいます。

クリエーターはもっとアピールすべきだ。恥をかけ恥を!!!

CRECON

諦める

諦めるというのは、認めるということ。

認めなければ、後に大きな悩みに囚われる。というのは仏の教えです。

非を認めるにせよ、歳をとったことにせよ、生活環境、自身の夢だったりなんだったり。

歳をとったことを認めず(諦めず)、生活を無理すれば、後に大いなる老いに苦しめられる。

仕方なし。止むなしと次に進んだ方が、反省もされるし、失敗を繰り返さない。

認めたくない。という感情。

現実と理想の乖離。

まずは自分の立ち位置を見直し、次に進むこと。

これが今年の目標というか、今年からこういう生き方を目指すということ。

もちろん、よりよく、さらによく、もっと高みを目指せるようにと。

気持ちはすごく前向きです。

仏教は辛気臭い。

カタチからですが。

Oh!誕生日

今日は誕生日でした。

たくさんの人からお祝いのメッセージを頂きました。
普段なかなか連絡を取らない人から、明日会うやん!みたいな人まで。

生涯、内容はどうあれ、こんなにたくさんの人に祝っていただいたのは、初めてかも知れません。

本当にありがとうございました。

“Oh!誕生日”の続きを読む

産みの苦しみを苦しめ苦しめ苦しめ。

アイデアを形にする仕事で、時間を絶対守らないといけないのは信用のため。あと クリエイティブが特殊な仕事でないことを証明するため。

100時間悩んで出したものが、1分のひらめきに勝てるとは限らない。
そして、ひらめきが続くとは限らない。

“産みの苦しみを苦しめ苦しめ苦しめ。”の続きを読む