DmW 初ライブ



20120820-222406.jpg


とまぁ、ライブが終わった訳です。
実に8年ぶりということもあり、ブランクは嘘をつかないというありがた迷惑な名言と自己評価。

ともかく、皆さんありがとうございました。

と、まぁこっからは軽く愚痴なりますが、興味のある方は読み続けてください。



音楽業界が隆盛の今は昔。ネガティブな話題も多いですが、昨日の現場では気になることがありました。

予め誤解なきよう申し上げるが、この意見は完全な俺の主観なので、そこは断っておく。

まぁ何が言いたいかというと、ステージで演者が気持ちよくできないことは、一番あってはならんこと。

極論と結果論でなんのこっちゃだが、ライブってのは、バンド、スタッフ、お客の三位一体で出来上がるものだと思う。
これはバンドが偉そうにすればいいというのではなく、少なくとも、悪かった、気になったところは話をすべきだと思う。

ブランクがあった俺だからこそ、余計に感じることだが、ライブハウスの店長やブッキングマネージャーは、毎回俺の悪癖を指摘し、俺もホスピタリティに文句をいい(笑)酒のんで、笑って次頑張ろうと肩を叩きあった。

問題は「誰が悪い」ってことじゃない(ここ重要ね)
何のためにリハをやって、本番を迎えるのか。お客さんは俺らじゃない。

少なくとも、俺らバンドとライブハウスのスタッフでお客さんに音楽を伝えるんじゃないだろうか。

もちろん、俺らアマチュア、スタッフプロでもだ。お客さんには関係ないもん。

まぁ何が言いたいかというと、リハと本番の環境が全く違い、最後までそれに触れることはなかった。

原因がどこにあるのだろう。どうすれば次はもっと良くなるのだろう。
これはディスカッションすべきではないのかな。

まぁ完全にここに書くことではないし、直接いうべきこと。
そうするつもりだけど、みんなはどう思うのかってのと、意見をまとめたかったので書いた。

ホンマ争いたいのでは無いので。
しかし本当の意味で音楽業界を支えているのはライブハウスっていう現場だと思うので。


20120820-222425.jpg

次は11月です。
練習不足ってかバンドとして未熟だったところも多々あるので、頑張りますです。

Share on Facebook
はてなブックマーク - DmW 初ライブ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

コメントは受け付けていません。