[第5回]当たり前ですよ。1回きりの人生です。

20111107-234659.jpg十年は言い過ぎか、でもそれくらいぶりに会った旧友に自分を見た。

まぁぶっちゃけ、人に言われた仕事でお金貰うんだったら、以前いた職場におったら良かったんすよ。

大きい仕事も多かったし、ボーナスも出た。
やりがいもあったし、何より期待してもらってた。

でもね、自分でもないもんねだりの若気の至りが抑えられず、自分のやりたい仕事だけをやるってことにどうしても挑戦したかった。

きっかけになった旧友の一言。「やっぱ、アピールせなあかんで」



眠りから冷めた様に会社を飛び出して半ば独立。
それは独り立ちして会社を起こすことが目的ではなく、やりたいことができる環境が欲しかった。

なけなしの貯金をはたき、自分に投資した。
ラッキーなことに周りの協力も得られ、うまくいった。

ようにみえた。

肝心なことが一つ。
快楽には痛みが伴う。内面的な痛み。
俗にいう、メンタリティだ。

色々な環境に身を置いてこそ、心は整う。こればっかは経験のみがすべてを語る。
とどのつまり、俺は追い詰められて、やりたい仕事だけではなく、きた仕事のみやっていた。売り上げのためだけに。

勘違いして欲しくないので、先に言うとくが、今までも無駄な仕事や経験だったことは一度もなく、売り上げのためだけに働くことも何も悪くない。
誰も恨まずここまでこれたのは奇跡に近いので、あくまで俺の内面のみの問題だということを忘れないでくれ。
(いちいち取り繕うように書くのは嫌だね)

まぁ、臆面もなく、相手に自分の意見を言うので、煙たがられることも多いが、最近の「言わないことが美徳」という考え方が大っ嫌いであるがゆえ仕方ない。

俺らみたいな職業の人間が表現の自由を保障された環境下で、美徳がどうとかおかしなもんだ。みんな自分の都合のいいようにしか解釈しないんだから、気にする必要もない。

とにかく、一回こっきりの人生です。
俺はアピールする。

・・・でもこんなん誰か書いてたら、笑ってまうんやろなぁ。
青臭いってw

今日の失敗は、ローソンでファミチキくださいって言っちゃった。
申し訳ない。。。

話が逸れた、また次回。

Share on Facebook
はてなブックマーク - [第5回]当たり前ですよ。1回きりの人生です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

コメントは受け付けていません。