伝統の逆襲

20110921-125440.jpg

前回のエントリーにも書いた、心の師、奥山清行さんの書である。

今台風の中、東京に向かう新幹線車内で読んでいる最中だが、声をあげて「そ!これ!!!」と叫びたい内容で、非常に前向きになれると同時に、挫けそうになる言葉が羅列する。

最近、本を読まずにきた。
本を読むと引っ張られてしまってやる事なす事にバイアスがかかり、どうも息苦しくなる。

晴れて解禁となった記念すべきこの本は、前書の「フェラーリと鉄瓶」に続き、大ヒット。
いい本に出会うと心が整理される。

今まで、よくあるヒステリックなビジネス書で混乱させられていたのが良くわかる。

向かうべき道筋が少し開けた。

俺の人生のテーマ「モノづくりとデザイン」
現在製作中の会社概要でも表現しずらかった事が形にできそうである。

レビューなんておこがましい。
モノづくりに携わる方や、興味がある一般の方、日本の将来に一抹の不安をもっている方のいい参考書になると思う。

読むのが遅い俺でも2時間少しで読めた。


是非。
世の中のどうでもいいことが余計にどうでも良くなるよ!

惑わされずに。

Share on Facebook
はてなブックマーク - 伝統の逆襲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Facebook

20110607-230045.jpg

ホンに今更ですが、Facebookのスゴさに慄いている。

映画は見てないが、見よう。

mixiみたいなもんとはよくいうけど、全く違うって事が分かってきた。
YahooとGoogleぐらい違う。
同じなのは、「検索エンジン」だってとこと同じく、「SNS」だということくらい。

そもそも、欧米諸国と島国日本では、人との距離感って全く違う。
mixiとFacebookの距離感も同じように思える。
あくまで表層的な部分が殆どを占めるけどね。

さ、俄かのひけらかしはこの辺にしておいて、弊社のビジネスに積極的に導入していこうと思う。

まだ始めてない人は、まだ始めなくていいよ!
ウチがまだ準備できてないんで。

インターネット以来の発明というのもうなずける。

アップルのクラウドという考え方はハードウェアの主流だが、情報などソフトウェアの主流。Facebook。

カックイー!




まぁ、デザインもエンターテイメントも、コレからは人との距離が最も重要になってきそう。
だからロボットって出来ないんだな。
やっぱ人なんだよ。

リアルもヴァーチャルも小さい場所からは抜け出した方がいい。

でも甘い誘惑と無責任には気をつけよう。
どんな些細なことでも。


世の中、勉強ばっかりっす!

Share on Facebook
はてなブックマーク - Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

やめんな!


日本経済新聞で掲載されてたコラム的なものをまとめたもの。
待ち合わせの際に早く着きすぎたので、なんとなく購入。

当然、カズはヒーロー。
後にも先にもJリーグの代名詞的な存在。

美学を貫く人の言葉は、重みもあるし、極論が哲学的で説得力がある。

まぁ、当然好きでサッカー選手になったんだから、本当に幸せな人。
「やめないよ」ってタイトルはなんでやろかと思ったが、なるほど、単純に世間の杓子定規で計った時に、44歳=現役引退が当たり前で、引き際ばかりが注目されるのは当然。
すごいシンプルだけど、まだできるから続けるってコト。

まぁほとんどの人が「まだやってんの!?」って思うからね。

肝心の内容は、びっくりするくらい普通の内容。
別にカッコ良いシビれるメッセージがあるでもなく、眈々と日常というか、「今」のコトが綴られている。

過去にこだわるコト、未来のコトに関しては、全く触れられず、気持ちいいくらい、精一杯今できるコトのみやるってコトが書いてある。

グサッときたのは、未来のコトを考えるのは全くもって時間の無駄だという言葉。
「後先考えて」とか「目標」だとの未来を否定しているコトではなく、むしろ「死」に対する「考えたってしゃーない」的なニュアンス。

たしかに、理想とか幻想に囚われがちで、こんな当たり前のコトを忘れてた気がする。

だから、いまだ現役でいられるんやね。
ほんまにサッカーが好きなんやなー。

ビジネスライクになりがちな俺の仕事も、そういう気持ちで望まんとなー。
好きなコトを仕事にできてるってコトをもっと強く感じ、感謝しなあかんなと思った。

そんな気持ちにさせてくれる本でした。

Share on Facebook
はてなブックマーク - やめんな!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

おおひなたごう先生


横浜は桜木町のコティベーカリーにて、大人気作家おおひなたごう先生のシベリア販売があったので行って来た。

Share on Facebook
はてなブックマーク - おおひなたごう先生
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: