The Next Day

来週水曜日、フラゲ的には火曜日、デヴィッド・ボウイの30枚目のオリジナルアルバムが発売となります。

プロデューサーは、彼の黄金期を支えた盟友トニー・ヴィスコンティ。

ジャケットデザインはHEATHENより、アートワークを手掛けるジョナサン・バーンブルック。





















美麗なアートワークは、彼の代表作とも言える“Heros”のアートワークを大胆に破壊。

事実上の引退かとささやかれていた彼の突然のリリース告知から2ヶ月。

素晴らしすぎて涙します。
新旧の ファンの方、必聴です。

色々言われておりますが、音楽は決して死んだ訳ではなく、楽しみ方が変わってきたのだと思います。

次なる進歩を計る為、クリエーターが日夜、挑戦と試行錯誤を繰り返します。

それはどの業界とも限った事ではなく、すべての人間に言える事なのだろうと思います。

今と同じ状況はずっと続かないから、それだから毎日もがき苦しんで、少しずつでも前進していかないと行けない。

明日、世界中の人に嫌われるかも知れない。だけど、理解を示してついてきてくれる事だって同じだけの確率です。

今は少し辛くとも、歩む事を辞めずに。

We can be heroes just for one day.

YouTube Preview Image


だいたいこういう事書くときは疲れているときです(笑)

Share on Facebook
はてなブックマーク - The Next Day
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

DmWというバンド



20120806-224943.jpg

さてさて始まるわけですが、ジャンルもこれといって決まって無いです。

バンドの音としては、時代逆行型で、歌詞は反社会的(でもダイレクトにいうほど根性ない感じ)です。

続きを読む

Share on Facebook
はてなブックマーク - DmWというバンド
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

リハーサル

20120320-211017.jpg

リハーサルというより、リハビリだった活動を経て、
徐々に露わになって来た音楽活動。

今までとの一番の違いは、俺だけが曲を書くのではない。ということ。

これが凄く刺激的でいいw



続きを読む

Share on Facebook
はてなブックマーク - リハーサル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ドラゴンタトゥーの女(ネタバレなし)

20120213-212021.jpg

待ちに待った映画だった。
良作の次は駄作で有名なフィンチャー監督。
(まぁ、良作の次だった「ファイトクラブ」は最良作だったわけだが)

前作のソーシャル・ネットワークに次ぐ作品として、またもや映画界に新たな金字塔を打ち立てるだろう作品だった。

続きを読む

Share on Facebook
はてなブックマーク - ドラゴンタトゥーの女(ネタバレなし)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

Gibson Firebird

20120206-220023.jpg

1960年代だったか、ギブソン社はフェンダー社に勝つため、
カーデザイナーのレイモンド・ディートリックがデザインしたファイアーバードを発表。

全く売れずリニューアルしたデザイン、それが写真の「ノンリバース」と言われる
ファイアーバード。

今、こいつが欲しい。

続きを読む

Share on Facebook
はてなブックマーク - Gibson Firebird
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

結局Ampkit+にしたというオチ

20120127-221127.jpg

決め手は、iPadにも対応のユニバーサルアプリだったことと、歪系の方がたくさんあったってこと。

正直練習用ということで、長く愛せる浅ーいお付き合いの方が俺らしいということ。
空間系の音はAmplitubeの方が良かったんだが、あまり使わんのと、エフェクターが3つまでという制限が・・・。

続きを読む

Share on Facebook
はてなブックマーク - 結局Ampkit+にしたというオチ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

The Apples


吉井和哉の新譜。
震災の影響で発売が延期されていたが、無事発売された。

細かいレビューやインタビューたらは一切読んだりしてない、全く予備知識無しで聴いたが、非常に纏まりのある仕上がり。
演奏なども最近は本人が担当しているそうだが、日本ではあまりそういう作風でいくミュージシャンは少ないような気がする。

餅は餅屋な発想なんだろうが、究極は、ソロは私的であればある程、出来る限り一人で作り込んだ方がいいものが出来る気がする。
当然技術は必要だろうが、技術を超えた「間」というか、意外と自分の出来る事だけで纏めた方が、思いのほか生々しい作品になる。それがモロに出た作品だと思う。

ギターもそれ程ではないが、好みがモロに出て来ていい味だし、曲の構成もこじんまりしてて良いな。

おそらく、他人に生かされた方が輝くタイプと、個性が強くて周りに氣を遣わすタイプ、ほぼオナニーがエンターテイメントとしてある程度達しているタイプなどあるだろうが、余計な口出しをされずに、非常に心地よい聴きごたえだ。

いちいちダサくて良い。

機械や技術やジャンルに使われるかんじの変な不協和音や無理してる感じがなくて良い。

結局、音楽なんぞ、その人の人間性が出てナンボなんだ。
機材や音質なんかいいに越した事はないが、才能を凌駕する事はまず無い。

聞くところによれば、昨日のタワレコで一番売れたアルバムだそうだ。
固定客も多いだろうが、これは音楽が好きな人が聴くにはいいだろうなアルバム。

ただ先入観が邪魔なんだろうな。
まぁ、なんだかんだいって、イエモンの人やもんな。

まぁ、そんなもんか。

とくに洋楽オタクには評判良く無いもんな。
フレーズの大切さをわかってはるいいアルバムだよ。

これは久々にライブ行こうかな。箱も小さいし。
前作がもう一つだっただけに、今作はヘビロテにしよう。

Share on Facebook
はてなブックマーク - The Apples
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ご機嫌アクメでございます


サマソニでの出演が非常に楽しみなジョンスペです。

流石にこれ以上の自粛モードは、あくまで俺個人として何の生産性もないのは明らかなので、爆音で目を瞑って聴いている。

音楽は心の栄養素であることは言わずもがなだが、気持ちを盛り上げていこう。
俺の周りでも、気分が落ち込んでしまって、さらに気温も冬に逆戻りで、天気も悪いしで、元気がない人も多い。
過剰な自粛ムードも致し方ないのは百も承知だが、たった10分でも音楽を爆音で聴いて、こころの空気を入れ替えてください。

これから、復興に向けて長く険しい道が待ってんねんで。
ましてや、被害の少なかった西日本の活躍には全世界が期待してる。

別に、後ろめたく思う必要なんてない。少しでいいから、テレビ消して大好きな音楽でも何でも、没頭して空気入れ替えよう。ネットも見るな。

現実に向き合うには余りに色々なことが起きすぎた。

ほんで空気入れ替えて、気持ちも入れ替わったら、やるで!!

Share on Facebook
はてなブックマーク - ご機嫌アクメでございます
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

11ねん

まだまだ甘ちゃんでキャリアそこそこなのに、下の子がいると、えらいモンでお兄さん。

よって必然的に偉そうなコト言わなあかんねんけど、言うコトってホンマに自分が言われ続けて来たコト。

・楽しんでやれ=嫌なコトでも楽しめる方法を探れ
・表現する仕事なんやから、喜怒哀楽全て表に出せ=周りの人の気分は害すな
・気を遣うな=気は利かせろ
・仕事半分=人助け半分
・うまいことサボれ=効率よく仕事しろ

ホンマ表層的に捉えてしまうと、=以降の本質を履き違えるし、タダの自分勝手な奴。

ありがたいコトに、先輩は良い人ばっかやった。反抗ばっかりしてたけど。

だから、下の子に伝える自信はない。言っても分からんやろう。
あとでわかるコトや。

実際教えられるコトのほうが多い。
先輩はどうやったんやろうか。


変に大人ぶる癖に、実際やってるコトガキみたいな奴にはなりたくないし、仕事仲間の下の子にはそうなって欲しく無い。
せやけど、忘れんなよ!悔しいと思わんかったら成長せんぞ。

自分の地位が危うくなるくらい、脅かしてくれたまえ。
そんときゃ、全力で叩き潰すまでさ。

挑む価値のある先輩にならなな。


あと、デザイン学校の教育は絶対間違ってる。
少なくとも、学生のうちに、インターンくらいには行かせるべきだ。
習うコトに慣れ過ぎてる。

自発的な勉強の仕方なんか、自分で考えろ。「自発的」やのに、教えてもらってどうする。

人間の性能はもっと良いモンやよ。
環境から必ず学ぶ。良いところも悪いところも。

変な理想ばっかり教えんと(それも大事だ)、現実を知ってから業界入らんと、双方にとって良くない。

就職氷河期?
雇ってくれるとこがないだけで、仕事は山ほどありまっせ。

Share on Facebook
はてなブックマーク - 11ねん
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip