諦める

諦めるというのは、認めるということ。

認めなければ、後に大きな悩みに囚われる。というのは仏の教えです。

非を認めるにせよ、歳をとったことにせよ、生活環境、自身の夢だったりなんだったり。

歳をとったことを認めず(諦めず)、生活を無理すれば、後に大いなる老いに苦しめられる。

仕方なし。止むなしと次に進んだ方が、反省もされるし、失敗を繰り返さない。

認めたくない。という感情。

現実と理想の乖離。

まずは自分の立ち位置を見直し、次に進むこと。

これが今年の目標というか、今年からこういう生き方を目指すということ。

もちろん、よりよく、さらによく、もっと高みを目指せるようにと。

気持ちはすごく前向きです。

仏教は辛気臭い。

カタチからですが。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加