フォルランの会見を見て。

どんな真実だとしても、やれヤンマーマネーだの電通がどうだの、そんなことはどうでも良いくらい感動した。

前述の穿ったものの見方?というか、エンタメ界の裏側!みたいなのが当たり前になって、どっちが表裏かも分からなくなっているんだけど、そんななかでダイナミックなセレッソの行動。素晴らしい。

海外ではどうだとか、大きな会社はなんだとか、あくまでも比較の観点から判断しないで、目の前にあることを素直に受け入れることも大事で。
いや、もちろん、受け入れがたいというか、「狙いました!」感まんてんな策略が蔓延して、しょうもないというか、表面だけパクんなクソが!!ということも多いのは事実なのですが。

“フォルランの会見を見て。” の続きを読む